Skip to content

レザー製品にココフセンの本体をくっつけた話

私はHERZさんの製品を筆頭としてレザー製品をたくさん使用しています。
文房具も好きなのでいろんなものを衝動買いして使っているのですが、これは手帳カバーとして使っていたHERZさんのファスナーブックケースにココフセンをつけたときの話です。

その前に誤解のないように言っておきますが、ココフセンはとてもいい商品です。みんな使いましょう。

結論

レザー製品にココフセンの本体を貼り付けてはいけません。
付箋自体はたぶん問題ないです。貼ることもない気もしますが。

なぜ

それはこうなるからです。



ちょっと考えればわかるんですが、表面が加工されていないレザーにちょっと強めのテープ的なものをくっつけると、レザーが荒れるというか剥がれます。
ココフセンの本体についているテープはなかなか強力です。腕とかに貼り付けて見るとわかります。毛がもっていかれます。

普段手帳の表紙のうらとかにココフセンを付けていたのですが、なんとなく気まぐれで「こっちに付けたら手帳買えたときに貼り替えしなくていいから楽じゃない?」と思ってしまった上に、速攻で実行してしまったのが原因です。

悲しい。すまない、ブックカバー。

おしまい。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*