Skip to content

カテゴリー: Android

Unity5でAndroidの共有ライブラリと文字列のやり取りをする

前回の Unity5でAndroidの共有ライブラリを使うでは、Unity から共有ライブラリを呼び出せるようにしました。
その後、思っていたよりも文字列のやり取りが分かり辛かったので、共有ライブラリと文字列をやり取りする手順もまとめておきます。

[環境]
Unity 5.1.0f3
Android NDK r10e

Leave a Comment

Unity5でAndroidの共有ライブラリを使う

Android の共有ライブラリを Unity で使う手順をまとめます。
Unity Editor 上では、Android の共有ライブラリは動作しないので、Android のエミュレータおよび実機上で確認できるように Unity で Scene を作成します。

共有ライブラリの読み込みについては、以下の公式リファレンスを参考にしています。
Unity マニュアル – Android 用のプラグインをビルド

[環境]
Unity 5.1.0f3
Android NDK r10e

1 Comment

AndroidでStreamingAssetsからファイルをコピーする

Unity で、サイズの大き目のファイルをアプリケーション内に含めておきたい場合には、StreamingAssets を使うことになります。
よくあるのは、アプリケーションサイズを落とす目的で最終的にはサーバにファイルは置いておきたいんだけど、まだサーバは用意できないからとりあえずローカルでやろうぜ、ってときに使いたくなります。私は使いたくなりました。

[環境]
Unity 5.1
Android 5.0 Lollipop

2 Comments

Android実機のアプリケーションフォルダからのファイルコピー

Android 実機のアプリケーションフォルダ(/data/data/[パッケージ名]/files)にあるファイルを Mac に取り出そうとしたのですが、いろいろ躓いたのでまとめておきます。
サンプルを作っていただけなので、最終的にはごりおしになってしまいました。

[環境]
Mac OS X 10.10.4 Yosemite
NEXUS 7

Leave a Comment

AndroidStudioのGradleのアップデートについて

Gradle をアップデートしたくなりました。
Android Studio 1.3 の RC がリリースされて、ついに NDK のデバッグができるようになったので、それを試したいからですね。
ところが、Android Studio で使用される Gradle がどこにいるのかわからない。
ということでディレクトリ内を探してみたのですが、見つからない。
Android Studio の設定を見ていたら、Gradle のバージョンを指定するところがあったので、試しに数字を変えてみたら、自動でダウンロードしてくれたので、そのログを残します。
このやり方が正しいのかはわかりません。

[環境]
・Mac OS X 10.10.4 Yosemite
・Android Studio 1.3 RC3
・Gradle 2.4

1 Comment

AndroidNDKでの共有ライブラリの設定方法

ndk-build を行うプロジェクト内で、別のライブラリを読み込む場合、Android.mk に宣言をしておく必要があります。
書いてなくてもビルドは通りますが、実行時に参照エラーが出るという面倒くさいことになります。

今回は、共有ライブラリおよび静的ライブラリの NDK での設定方法をまとめておきます。

[環境]
・Mac OS X 10.10.4 Yosemite
・Android NDK r10e

Leave a Comment

AndroidNDKからlibxmlのライブラリを使用する

以前ビルドした ndk-build 版 libxml ですが、ndk-build するプロジェクト内で読み込む場合の Android.mk の書き方について、まとめておきます。
以降、libxml を静的ライブラリとしてビルドした前提で話をしていますが、共有ライブラリとしてビルドした場合でも同じように読み込めると思います。

作成したライブラリをロードする際に「dlopen」でエラーが出る方は、最後の余談のところが参考になるかもしれません。

今回は、jni フォルダ直下にライブラリやヘッダファイル用のディレクトリをそれぞれ作成して利用することにします。

Leave a Comment