AndroidStudioのGradleのアップデートについて

2019年4月10日

スポンサーリンク

Gradle をアップデートしたくなりました

Android Studio 1.3 の RC がリリースされて、ついに NDK のデバッグができるようになったので、それを試したいからですね。ところが、Android Studio で使用される Gradle がどこにいるのかわからない。

ということでディレクトリ内を探してみたのですが、見つからない。

Android Studio の設定を見ていたらGradle のバージョンを指定するところがあったので、試しに数字を変えてみたら、自動でダウンロードしてくれたので、そのログを残します。
このやり方が正しいのかはわかりません。

環境

  • Mac OS X 10.10.4 Yosemite
  • Android Studio 1.3 RC3
  • Gradle 2.4

手順

ここでは、Gradle 2.4 から 2.5 へのアップデートについての説明をします。

1.Android Studio のプロジェクトビューで、”app” を右クリックすると表示されるメニューから “Open module settings” を選択します

2.ウィンドウが開くので、左側の “Project” タブを選択します

3.”Gradle Version” に書かれているバージョン番号を、変更したいバージョンに書き換えます

4.書き換えて OK を押すと、Android Studio が自動で Gradle 設定の sync を始めます

5.該当バージョンのライブラリがあれば、sync が終わって完了です

ライブラリがなければ、Android Studio 側で Gradle のサイトからダウンロードを開始してくれます。
ダウンロード完了後、自動で sync が行なわれます。

これで完了です。

動作検証を行ったプロジェクトでは、NDK を使っている都合上、自前の Android.mk を使ってビルドができるように build.gradle を書き換えてありましたが、2.5 へのバージョンアップ後も、そのままビルドできました。
NDK をデバッグできるようにするには、ここから設定をいろいろ変更していく必要があります。

おしまい。

スポンサーリンク