UnityFree版でLeapMotionSDKを読み込ませたよ その2

2016年1月28日

Unity Free版でLeapMotion SDKを読み込ませたよ その1」のつづきです。

前回 Unity に設定した LeapMotion SDK がちゃんと読み込めているか確認します。

※以下は、Unity4.6でのサンプルになります

まず、前回作成した LeapBehaviourScript を以下のように書き換えます。
スクリプトに public で宣言した変数は、Unity の Inspector で値が確認できます。

using UnityEngine;
using System.Collections;
using Leap;

public class LeapBehaviourScript : MonoBehaviour {
    Controller controller;

    public int m_handsCount;
    public int m_fingersCount;
    public int m_toolsCount;
    public int m_pointablesCount;
    
    void Start ()
    {
        controller = new Controller();
    }
    
    void Update ()
    {
        Frame frame = controller.Frame();

        m_handsCount = frame.Hands.Count;
        m_fingersCount = frame.Fingers.Count;
        m_toolsCount = frame.Tools.Count;
        m_pointablesCount = frame.Pointables.Count;

        // do something with the tracking data in the frame...
    }
}

Script を Scene の Inspector に追加していきます。
Unity のメニューの “Game Object” -> “Create Empty” を選択します。
Hierarchy に「GameObject」という名前の Scene が追加されます。

20141009_UnityLeap_06

Hierarchy の GameObject を選択すると、Inspector に Scene の情報が表示されます。
1番上に書かれている “GameObject” の文字列を,適当な名前に変更します (ここでは、”LeapTestScene”とします)

20141009_UnityLeap_07

Hierarchy で LeapTestScene を選択して、Inspector の表示を切り替えます。

20141216_03

Project の Assets にある LeapBehaviourScript を Inspector へドラッグします。
※このとき、LeapBehaviourScript をクリックしないで、そのままドラッグします。
※クリックしてしまうと、LeapBehaviourScript の Inspector が表示されます。

20141216_04

実行すると Inspector にメンバ変数の数値が表示されます。
画像は、片手を認識させたときの状態です。

20141216_05

ということで、動作確認は完了です。

LeapMotionをUnityに設定できていることは確認できましたが、新しい問題が出ました。
なぜか Tool を認識しません。
鉛筆とか箸とか試してみたけど反応しない。
次の課題はこの問題の解決です。

解決しました→「LeapMotionがTool(道具)を認識しなかった話

おしまい。

スポンサーリンク