WordPress/XServer環境をHTTPSに対応したよ

2019年6月22日

完全に忘れていたのでHTTPSに対応しました。

やったことまとめです。

スポンサーリンク

はじめる前に

各種設定をいじくるので事故が起きても困らないようにバックアップをとりましょう。

XServer の設定を変える

XServer側では「独自SSL」の設定を行います。

管理画面にログインしたら「サーバー管理」を開きます。

「ドメイン」の「SSL設定」を選択します。

設定を変更したいドメインを選択します。

「独自SSL設定追加」タブを選択してドメインを確認したら、「CSR情報」にチェックを入れて、「追加する」ボタンを押します。


設定が完了すると、「SSL設定一覧」に独自SSLを設定したサイトが表示されます。

WordPressのURL設定を変える

「設定」→「一般」を選択して、以下の2箇所を「http://〜」から「https://〜」に変えます。

このときの注意なのですがXServer側のHTTPS設定が完了していないと、ここでHTTPSに変更した瞬間に「そんなページはない」と言われてWordpressにアクセスできなくなって焦ります(焦りました

XServerの設定ページには、反映に1時間ほどかかる場合があると記載されていますので、アクセスできなくなった場合にはしばし待ちましょう。

HTTPからHTTPSへリダイレクトするようにする

.htaccessに設定を追加することで、HTTPからアクセスがあった際にHTTPSへリダイレクトされるようにできます。

単純にHTTPを閉じてしまうとHTTPでリンクが貼られていた場合に開けなくなってしまうため、リダイレクトされるようにしておいた方が安心です。

.htaccessを編集するドメインを選択します。

「.htaccess編集」タブを選択して、編集画面に移行します。

以下の設定を追加します。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://xxx.com/$1 [R=301,L] 

.htaccessにはWordpress側から自動設定されている項目もあるので、既存の設定を変えないように注意してください。

行間に別の項目が挟まったりすると動作しない場合があります。

おしまい。

スポンサーリンク