HERZさんのラックスリュック

2019年4月10日

HERZさんの​スポーツリュックを紹介したときに、ラックスリュックの話を少し書きました。

そのせいかラックスリュックで検索して来られる方がいらっしゃるご様子。

そういえば、自分も買う時にレビューを探したけど見つからなかったなということを思い出しました。

私は田舎住みなので、店舗に行くには新幹線を使わないといけません。

気軽に店舗まで行けない人にとっては、レビューはやっぱり貴重ですね。

ということで、数年使用したラックスリュックのレビューを書きます。

 

スポンサーリンク

私が持っているのは、ノーマルではなくワイドタイプのラックスリュックです

ずっとリュックを探していて、数年探してやっと見つけたのがこのラックスリュックでした。

購入したのは2、3年前になります。

当時、購入直後の旅行に背負っていきました。

…が、夏だったせいもあって汗で思いっきり色移りしてしまいました。

ポロシャツが一枚お亡くなりになったのもいい思い出。

 

経年変化

購入当時の写真がないので比較ができないのが残念なのですが、休日のみの仕様でこのくらい色が変わりました。

画像はホックの部分のものです。

右がホックの紐が被さるところ、左側が常に見えているところです。

HERZさんの緑色の革は、だんだんカーキ色に近づいていくらしいので、まだまだ変化が楽しめそうです。

 

開閉機構

HERZさんでは定番の差し込み式ホックです。

慣れるまでちょっと時間がかかった覚えがあります。特に閉めるとき。

こんな感じに開きます。

今は革も馴染んでいるので気になりません。

 

背中側

擦れる部分は色の変化が早くて、光沢が出ています。

最初は肩当なしで注文して使っていました。

一眼レフとか入れ出したら食い込んできて辛かったので、あとから追加購入しました。

これがあるだけで全然負荷が違います。

最初から買いましょう。

内側はベロアになっているので、こすれても服が傷みにくいのがいいところです。

 

小物収納

ラックスリュックは、背中側に独立したポケットが付いてます。

マチはないので、あまりたくさんは入りません。

iPhoneとか入れると膨らむので、背中に当たってるのがわかります。

私は主にバックハンガーを入れてます。

 

自立するの?

中身をうまく入れれば立ちます。

肩紐用のD管は下側に付いてます。

最初は全体的に硬いので、立てても倒れます。

今は馴染みすぎてしまって、中身がないと潰れて倒れます。

 

開口機構その2

右側のチャックを開けると、そのままカバンの中にアクセスできます。

このリュックで一番便利なのはこれですね。

私はここから取りやすい位置に財布が来るように入れてます。

理由は肩紐を外さなくても、リュックを背負ったままこのチャックを開けて財布が取りだせるからです。

(体格によっては開けれないかもしれません。)​

 

口枠

この口枠。

これがすごい好きです。

カメラを出す時にカバンに引っかかったりしないのでとても使いやすいです。

抑えてなくても中身を出しやすいので、いいですね。

 

最後に

大雑把にレビューしましたが、こんな感じのリュックです。

まだまだ使えるので、大切にしていきたいです。

HERZさんは修理もしていただけるので、同じものを長く使いたい方にはオススメのお店です。

おしまい。

スポンサーリンク