Unity with VOCALOIDのサンプル HelloVOCALOIDを再生する

投稿日:2015年12月22日 更新日:


スポンサーリンク

Unity with VOCALOIDがリリースされたので、さっそくサンプルプロジェクトを動作させてみました。
世の中のマニュアルを読まない私のような人間や、Unity with VOCALOID をきっかけに Unity を初めて触る人は引っかかりそうなところがあったので、ここでご紹介しておきます。

まずはダウンロード

オフィシャルサイトのダウンロードページからサンプルプロジェクトの「HelloVOCALOID_1.0.0.0.zip」をダウンロードしてきます。
この中には、サンプルプロジェクトをまとめた「HelloVOCALOID_1.0.0.0.unitypackage」と Readme.html などが入っています。

プロジェクトを作る

これを動作させるために、適当なプロジェクトを作って unitypackage を実行します。
作ったプロジェクトの Assets フォルダに、HelloVOCALOID_1.0.0.0.unitypackage をコピーします。

20151222_ufv_01

そして、Unity の Project ウィンドウで HelloVOCALOID_1.0.0.0 をダブルクリックして、インポートを行います。

20151222_ufv_02

こんな感じにファイルが展開されます。

20151222_ufv_03

ここまでは特に問題なし。

問題はこのあと

Scenes フォルダを選択すると、4 つのシーンがあることが分かります。

20151222_ufv_04

とりあえず、Portal のシーンを開きます。

20151222_ufv_05

そしておもむろに Unity の再生ボタンを押して、「Realtime」のボタンを押してみるとエラーが出ます。

20151222_ufv_06

Console には、このような出力が。

Scene 'Realtime' (-1) couldn't be loaded because it has not been added to the build settings or the AssetBundle has not been loaded.
To add a scene to the build settings use the menu File->Build Settings...
UnityEngine.Application:LoadLevel(String)
Yamaha.VOCALOID.Samples.Portal:LoadLevel(String) (at Assets/VOCALOID/Scripts/Portal.cs:10)
UnityEngine.EventSystems.EventSystem:Update()

内容は書いてある通りなんですが、build settings にシーンが設定されていないことが原因です。

動くようにする

Unity のメインメニューから、File -> Build Settings を選択します。
すると、Scene のところが空になっています。

20151222_ufv_07

ここにすべてのシーンを追加します。

20151222_ufv_08

これで起動すると、無事に「Realtime」のサンプルが起動します。
他のサンプルのボタンも、これで正常に動作するようになります。

20151222_ufv_09

まぁ、この設定の話は Readme.html にちゃんと書いてあるので、みんなちゃんと読もうね!という話でした。

おしまい。

スポンサーリンク

デスクトップ用_記事下_レクタングル

デスクトップ用_記事下_レクタングル

-Unity, Unity5.2, Unity5.3, VOCALOID SDK for Unity
-, , ,

Copyright© Pelican Philosophy , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.