LEDライト LED LENSER L7も買いました

投稿日:2015年10月16日 更新日:


スポンサーリンク

LED LENSER P7.2 と一緒に L7 も買ってました。
こちらは家族用です。

20151016_01

P7.2 と比べると、半額ぐらいで購入できるお手頃な製品ですね。
価格が半分なので、箱のコストも低い感じです。ホームセンターに吊るして有りそうなパッケージです。

20151016_02

しかも、箱に入った状態で点灯できます。パッケージにはご丁寧に「押せ!」と書いてあります。

20151016_05

点灯するということは、付属の電池は入れっぱなしのやつだけなのかなと思いきや、入れっぱなしのものとは別に3本入っていました。
入れっぱなしのやつはいつから入ってるのかわからないので、とりあえず捨てます。液漏れ怖い。

20151016_04

L7 は P7.2 の廉価版という感じです。大きさはほぼ同じ。レンズのサイズが違うので光の広がり方が異なります。
使用する電池も単4電池が3本となっていて、P7.2 よりも1本少ない分、比べると暗いです。
とはいえ、普段使いには明るさは十分だと思います。
ただし、L7 には Hi/Low の切り替え機能はありません。

L7 にもアドバンスド・フォーカスが搭載されていますが、こちらはスクリュータイプです。
なので、P7.2 のように片手で照射範囲を切り替えるのはちょっとむずかしいです。
そんな頻繁に変えるものではないので、別に困らない気もしますが、切り替えが大事だという方はスクリューでない上位モデルを買ったほうが良いかと思います。

P7.2 と比較した L7 のメリットは、価格と軽さだと思います。
L7 はボディがプラスチック製なので安っぽい感じがありますが、アルミを使っていない分軽いです。
電池が1本少ないこともありますが、P7.2 と持ち比べると結構な違いがあります。
P7.2 は持ち歩くにはちょっと躊躇する重さですが、L7 ならまぁ入れといてもいいか、と私は感じました。

テールスイッチは、圧倒的に P7.2 が押しやすいです。
L7 はちょっと固い印象があります。ちゃんと押し込まないと点灯しません。

20151016_03

あと、付属品は単4電池が6本、ストラップでした。
L7 にはポーチが付いていません。

ということで、うちの畑で照射してきました。

20151016_06

P7.2 のときと同じ位置で撮影しています。
撮影方法も同じで、しゃがんで、右肩の上で構えて、左手の iPhone5s で撮影したのがこちらです。
端の方が入りきっていなくてわかりづらいですが、P7.2 に比べると若干範囲が狭いです。
あと、境界線がはっきりしません。P7.2 はワイドでは均一に照らしてくれましたが、L7 は豆電球のライトのように外側に輪っかができます。
この辺は用途と好みに寄るところでしょうか。

暗くなってからの散歩や、家庭の防災用品として用意しておくには、安いし良いと思います。

おしまい。

スポンサーリンク

デスクトップ用_記事下_レクタングル

デスクトップ用_記事下_レクタングル

-レビュー
-, ,

Copyright© Pelican Philosophy , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.